lowerPage_h1bg.png

【募集中】矢野経済研究所のフェムテック研究員と語る、女性ヘルスケア業界の新スタンダード「ジェンダード・イノベーション」〜現状と国内事例〜(矢野経済研究所×ウーマンズ)


フェムテックに続き、最近聞かれるようになったジェンダード・イノベーション。 今年6月に政府が女性活躍・男女共同参画の重点方針2022(女性版骨太の方針2022)の中でジェンダード・イノベーションの重要性に言及した他、お茶の水女子大学がジェンダード・イノベーション研究所を設立するなど、性差に着目した研究・技術・商品開発への 社会的関心が、急速に高まっています。 あらゆる産業界で求められている視点ですが、特に市場の牽引役として期待されているのが元来、性差分析を必要とするヘルスケア業界。女性特有の健康課題に着目した「フェムテック」の一大トレンドを築いたことからも、ヘルスケア業界はジェンダード・イノベーションが起きやすいと言われています。

「ジェンダード・イノベーションって何?」「どんな事例がある?」 「ジェンダード・イノベーション発想をどんなふうに開発に落とし込めばいい?」

2021年9月にフェムテックの市場レポート「フェムケア&フェムテックマーケット2021」を発刊した矢野経済研究所と、女性ヘルスケア市場に特化した業界動向分析を行うウーマンズが、開発やマーケティングに活かせる実践的視点でその解に迫ります。 【登壇】

・水越孝氏(矢野経済研究所 代表取締役社長) ・清水由起氏(矢野経済研究所 / ブランディング&イノベーションサービスグループ部長、主席研究員・矢野初美氏(矢野経済研究所 / コンシューマー・マーケティングユニット、ブランディング&イノベーション サービスグループ上級研究員


【概要】

<日時>2022年9月13日(火)13:00〜14:10

<場所>オンライン(zoom)

<料金>¥0


【詳細・お申込み】 こちら