女性の消費行動を促すキャッチコピー作り基本の考え方4

August 7, 2015

2015/8/7

商品やサービスを広く展開していく時に、看板として大きな役割を担うのがキャッチコピーだ。使用する場面は、HP・リーフレット・店内POP・看板・名刺・メディア取材時・広告出稿時・展示会出展時など多岐にわたる。企業イメージをつくり、商品・サービスの売れ行きを大きく左右するのだから、適当に考える訳にはいかない。ウーマンズの使命は「女性消費者に商品・サービスをリーチさせること」だから勿論キャッチフレーズづくりもプロジェクトサポートの一環になる。その時にウーマンズが心がけている事はこちら4つだ。

 

 

キャッチコピーを考える時に抑えておきたい4つのポイント

 

1.何のサービスかが伝わる

これは必須だ。ダイエットを例に考えてみよう。「目指せ10キロ痩せ!」と言われても、一体それは何を持って10キロ痩せと言っているのかわからない。スポーツジムなのか?エステなのか?ダイエットドリンクなのか?サプリメントなのか?。キャッチコピーには「弊社はこういうサービスを提供しているのですよ!」というのが「読んでわかる」のではなく「見てわかる」ようにを意識して考えよう。

 

 

2.かっこつけより分かりやすさ

コンセプトやキャッチフレーズはどうしても「かっこよくセンス良く」を優先しがちになってしまう。しかしかっこよくてセンスが良いものを追求した結果、「分かりにくい」「伝わりづらい」という事も起きてくる。クライアント様とキャッチフレーズ策定のミーティングを行っているとどうしても「もっと先進的な言葉を入れよう」「ちょっとカッコよさにかけないだろうか?」となってきがちだがくれぐれも「分かりやすさ」重視で考えよう。

 

 

3.他社との違いが明確に伝わる

そしてこれが一番重要だ!健康・美容業界に限らず商品やサービスは消費者から見ると似たり寄ったりだ。企業側から見れば「成分の配合量が違う」「日本初の技術を投入した美肌機器だ」とアピールポイントは十分にあっても、中々その違いを消費者に理解してもらう・・・というより伝えるのは難しい。だからこそ商品・サービスの看板でもあるキャッチコピーは「他社との違いが明確に伝わる」言葉が入っているべきなのだ。ウーマンズの場合はキャッチコピーはこちらだ。「女性消費者の心を掴むモノ・コト・戦略が得意です。ヘルスケア(健康・予防医療・美容)専門の女性マーケティング」。

 

 

 

4.キャッチフレーズは定期的な見直しとブラッシュアップを

キャッチフレーズをちょくちょく(1~3カ月単位)変えるのはブランディングの観点からオススメできないが半年に一度はキャッ チフレーズの定期的な見直しをオススメする。そのためには日頃から「もっと分かりやすい言葉はないか?」「この言葉では相手には伝わりづらいよう だ・・・」「この言葉を使った時は相手の反応が良い!(あるいは広告の反応)」等の視点で常にブラッシュアップをし続けるとどんどん良い=女性消費者の心 を掴むキャッチフレーズが出来上がっていく。

 

 

 

 

 

ウーマンズのキャッチコピーを事例に1~4を落とし込んでみる

 

分かりづらいかもしれないのでウーマンズの場合で具体的に説明しよう。ウーマンズのキャッチコピーはコチラ。 「女性消費者の心を掴むモノ・コト・戦略が得意です。ヘルスケア(健康・予防医療・美容)専門の女性マーケティング」。これは名刺、HP、リーフレット等で使用するだけでなく、初めてご挨拶させて頂く方や、メディア取材時にも使っている言葉だ。まず1の「何のサービスかが伝わる」だが、「女性マーケティング事業」や「マーケティング会社」と言われても具体的には一体何をやってくれる会社なのか結構わかりづらいものである。そのため前半の分で「女性消費者の心を掴むモノ・コト・戦略が得意です」と入れている。この言葉があればウーマンズが具体的に何をしている会社かよく分からなくてもまずは相談してみよう!と思って頂ける。

 

 

そして2の「かっこつけより分かりやすさ」だが、難しい言葉は使わずにウーマンズが何に得意なのか?を明確にわかるようにお伝えしている。だから「~~が得意です」とちょっと幼稚な文章になっているが伝わりやすさは抜群だと思っている。初対面の方とのご挨拶でも一発でウーマンズのサービスを理解して頂けるようになった。

 

 

そして3の「他社との違いが明確に伝わる」に関して。女性マーケティングの会社は複数あるが、ウーマンズは女性マーケティングの中でも特にヘルスケア市場に特化しているのが他社との差別化ポイントだ。そして健康事業をサポートする会社も複数あるが健康事業をサポートする会社の中でも「女性マーケティング」の視点からサポートをする会社もウーマンズならではの他社との違いだ。他社との明確な違いが伝わるように「ヘルスケア専門の女性マーケティング」としている。ヘルスケアビジネスという言葉だと分かりづらい可能性もあるのでカッコ内に健康・予防医療・美容という言葉をつけている。

 

 

(ただし、ウーマンズの場合は事業がBtoBなので長めの文章で且つ、そこまでかっこつける必要がなく「分かりやすさ一番」でもそこまで問題ないがBtoCの場合は文章は短めである程度のカッコよさやセンスは必要だ!)

 

 

 

 

 

キャッチコピーを自動で提案してくれる無料ツール

 

それでもやっぱりキャッチコピーを考えるのは中々難しいという方にはこちらがオススメだ。「ぽいっとキャッチコピー」というサイトでキャッチコピーを自動で多数提案してくれる無料ツールだ。「女性マーケティング」とウィンドウに入れてエンターを押したら「女性マーケティング革命、気分は女性マーケティング、女性マーケティングという新しい法則、女性マーケティング物語、世界一わかりやすい女性マーケティング」etc、ぷっと笑えるものからこれは使えそう!という本格的なものまで多数出てきた。発想力も鍛えられそうだ。

 

 

 

 

関連記事:今人気のサイトはゆるさ・らしさ・心の豊かさ。健康・美容サイト運営で抑えるべきポイント

関連記事:女性消費者の心を掴めてないと思ったら、見直したい3つのこと

関連記事:女性トレンド2015下半期ヘルスケア市場を予測。企画・戦略・発想に活かせるトレンド50

 

 

 

 

 

 

Please reload

-女性の心を掴むためのヘルスケアビジネスNEWS-

Please reload

カテゴリで記事検索
Please reload

最近の記事一覧

ヘルスケアビジネス(健康・予防医療・美容)を促進するためのノウハウ、マーケティング最新情報、企業成功事例等をウーマンズ視点で研究し皆様と共有する情報サイトです。

ウーマンズラボって何?