ミニマリストから考える消費スタイルの変化とは?

September 18, 2015

2015/9/18

本屋さんへ行くとミニマリストに関する書籍が増えている事に気が付く。ミニマリストとは、身の回りのモノを限りなく減らし必要最小限のモノだけで暮らす人々のことで特に 若い世代を中心に広がりつつある暮らし方だ。

 

 

 

 

ミニマリストの暮らしは本当に必要最小限のものしかない!

一体どういう暮らしなのだろう?ということで「ミニマリスト」でGoogle画像検索したらこのような画像が沢山出てきた。断捨離やシンプルライフという言葉が定着しつつある中、更にそれを極めた人たちがミニマリストだ。もっと極めた人だと、部屋に本当に何もないのだ(ぜひググってみて!)。

 

 

・冷蔵庫は部屋には置かないで外食で済ませる(だから食器も食器棚もテーブルもない!)

・服は10着だけを年間着まわす

・下着は3セットだけを着まわす

・デジカメもテレビも音楽プレーヤーもラジオも必要ない。だってiphoneだけでOKだから

・お風呂場には液体洗剤一つだけ。これでカラダも顔も髪もお風呂場も洗える!

 

 

こんな感じで必要なものしか部屋に置かないから、写真のような究極にシンプルな部屋になる。だからお金もかからないし、何よりストレスがなくなり、生き方や仕事、考え方まで全てにおいて効率的になるらしいのだ。確かに多くのモノにあふれかえっていると、それを見るだけでストレスになるし、見つけたいものを見つけずらくなるし、整理整頓も大変だし、物が多い分部屋も狭くなる。どうやら精神的な変化も大きいようなのだ。

 

 

 

 

今後の消費は活性化しないのではないか?という心配

 

ミニマリストはまだほんの一部の人たちだけの間ででしか浸透していないが、ふとこんな疑問がわかないだろうか?「日本に住んでる人全員がミニマリストになったら?!」消費が活性化しないどころか経済が停滞してしまう。

 

 

とはいえ、まぁ全員がミニマリストになるという事はまずないが(全員が同じ思考をする事は宗教やネットワークビジネス等を除けばまずはありえない事だから)、でも消費スタイルがミニマリストまではいかなくても、よりシンプルになってきていたり、自然体が求められてきていてビジネスの構造を変えているのは考慮しておくべきことだろう。例えば・・・

 

 

肩肘張らないでゆるい感じでオシャレを楽しむエフォートレスファッションやエフォートレス美容。

 

 

お店や住宅のインテリアに関しても高度経済成長期やバブル期は派手なシャンデリアや華美な絨毯やカーテンが好まれ、全身ブランドもので身をつつむ事が好まれたのに対し、今は安くてシンプルなファストファッションが好まれたり、ロハスだったり、すっきりしたインテリアが好まれるようになっている。

 

 

多くの機能を兼ね備えた複雑すぎる携帯電話の反対をいくiphoneもその一つ。究極のシンプルさを求めたスティーブ・ジョブズのiphoneのデザイン戦略、機能戦略による成功は誰もが知るところだ。

 

 

モノ・コトに溢れすぎた市場では、やがて「シンプル」「自然体」のほうへ人は流れていくという法則なのかもしれない。だから情報に溢れすぎたネットの世界で、情報をシンプルに説明してくれるNAVERまとめはあれだけ人気なのだろう。

 

 

 

 

 

新たな消費スタイルに合わせた新しいビジネススタイル

 

そういった消費スタイルの変化をいち早く察知し、人気になっているサービスがある。最近CMでも見かけるようになったジモティいらなくなった家電製品や家具を無料で譲ったり、譲ってもらえる掲示板だ。捨てるのにお金がかかるからという理由だけでモノを譲るのではなく、「まだ使えるのにもったいないから」というエコの視点で利用する人も多いという。

 

 

カーシェアリングもその一つだ。所有よりもシェアの方が経済的だし、所有する面倒を何かと省ける。

 

今年頭から次々に登場しているのは、女性向けの月額服レンタルサービス。会員費を払えば自宅に洋服が数点届き自由に着れる。それを返却するとまた次の服が届くのだ。経済的な上にモノを持たなくていいのでクローゼットをいつでもスッキリさせて置く事ができるというので女性たちに人気だ。

 

これらの背景にあるのが、シンプルライフやミニマリズムといった思考だ。大量生産・大量消費の時代はもはや昔の話。今はモノを永続的に大切にしよう、とか所有よりもシェア、という考えが広がっている。また不要なモノや大量のモノに囲まれている事はかえってストレスがたまる、という考え方も広がってきている。なじみやすい言葉で言うなら、つまりは「エコ思考が一般的になった」という事なのだと思う。

 

 

これらを考慮すると、マーケティング戦略の中に「エコ」「共有」「シンプル」というキーワードは今後絶対必須になってくる。ミニマリストまではいかないまでも、消費スタイルは確実に変化しているのでそれに則した新しい戦略を考えてみよう!

 

 

Please reload

-女性の心を掴むためのヘルスケアビジネスNEWS-

Please reload

カテゴリで記事検索
Please reload

最近の記事一覧

ヘルスケアビジネス(健康・予防医療・美容)を促進するためのノウハウ、マーケティング最新情報、企業成功事例等をウーマンズ視点で研究し皆様と共有する情報サイトです。

ウーマンズラボって何?